化粧箱について

化粧箱がセットに!

店長日記

工房

こんにちは!店長の中谷です。
一品一品真鍮や銀の板から心を込めて打ち出した手作りの品々です。
皆様のお部屋に、また、記念品などにご利用ください。

店長日記はこちら >>

 

携帯ページ


ネットショップ検索

選りすぐりのショッピング情報サイト Plat Park
HOME»  記事一覧(店長日記)
HOME»  記事一覧(店長日記)

記事一覧(店長日記)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

砂時計のペンダント

砂時計のペンダント
  純銀の粉  (30秒計)
  ルビーの粉  の砂時計のペンダントです。
サイズ 縦 43ミリ × 横 36ミリ (ルビーの粉)
サイズ 縦 46ミリ × 横 46ミリ ( 銀 の 粉)

色々とペンダントも作っていますが、おもむきの変わった
面白いペンダントが出来ました。
 砂時計は、東京の (有)金子硝子工芸様 (TEL03-3697-5206)
 http://www.sandclock.co.jp/ の砂時計を使用しています。他にも
色々な色の砂時計が有るようですので、自分だけのペンダントを
作っても楽しいと思います。
 お申し付け下されば、お手伝いをさせて頂けます。






   

2013-08-10 15:41:48

コメント(0)   |  トラックバック (0)

瓦(沖縄の赤瓦)の時計

お客様のご要望でお作りした、瓦の時計です。
 沖縄の屋根に使っている赤瓦に文字盤には、沖縄三線(さんしん)の
楽譜に代わる 工工四(くんくんし)を配してあります。
沖縄三線の押さえる所を勘所………
 尺(12時) 工(1時) 乙(2時) 上(3時) 合(横にすると10時に)
見立てて文字盤の 時間に配してあります。
記念品として、プレゼントされるお客様のデザインで作らせて頂きました。
手作りで今まで、お皿等の時計は作りましたが、材料に瓦を使うのは
初めてでしたが、また新たなアイデアを頂きました。
置き時計にも掛け時計にも出来るようにしてあります。どのようなお部屋にも
合い、赤瓦の色合いもお部屋のアクセントになると思います。
また、作ってみたいと思う時計になりました。

2013-07-29 13:57:11

コメント(0)   |  トラックバック (0)

逆く回りの掛け時計


今日も時計のご紹介です。
美容院様へのお祝いにと、ご依頼を受けました。
お客様が鏡に映つた時計(時間)をみられるようにとの、
思いやりからの、ご注文でした。
材料は天然木の 貝塚
サイズ約35X20
制作過程で鏡に写しながらの作業で大変でした。

2013-07-21 11:55:37

コメント(0)   |  トラックバック (0)

大きなカブトムシの掛け時計

大きなカブトムシの掛け時計です。
材料 銅 真鍮
サイズ 縦 63センチ 横 66センチ

子供さんが、ご両親への結婚記念でプレゼントされた時計です。
ご注文頂いて、カブトムシを観察したり、図鑑などを見て制作しました。
カブトムシの足や材料の質感など意外とリアルに出来たとおもいます。
お客様に喜んで頂きました。良かったです。(´∀`)

2013-07-17 10:49:51

コメント(0)   |  トラックバック (0)

2匹のブルドッグのステンドガラスの壁掛け時計

今年の3月にご注文頂いた時計のご紹介です。山形県のお客様から 2匹のブルドッグの時計を作ってほしいとご注文頂きました。写真の左のワンちゃんが プリンちゃん 右が ぺぺちゃんです。まず、写真を送って頂いてデザインを起して、お客様と打ち合わせをしてデザインを決めました。二人とも ブルドッグなので、お客様にひと目で プリンちゃんとぺぺちゃんと分かるようにデザインをお作りするのが大変でした。文字盤部分は、プリンちゃんの好きなトマト・・・プリンちゃんは 毎日2個 年間730個ものトマトを食べる程 トマト好き!教えて頂いた時はビックリしました。私のトマト好きなんてまだまだですね。ステンドの配色を考えながら 一つ一つ手作りで作りました。今回も大きな時計(寸法 縦40センチ 横37センチ)で重量もあるので、時計の強度を保つ為に 時計の裏面に真鍮の一枚物の板をステンドガラスに合うように作っています。写真は プリンちゃんとぺぺちゃんの大切な写真を掲載させて頂きました。もう一枚は プリンちゃんとのツーショット写真です。ご注文頂いたお客様にも喜んで頂けてうれしかったです。プリンちゃんとぺぺちゃんありがとう。 

2012-04-22 18:13:27

コメント(0)   |  トラックバック (0)

府中産業メッセ2012 5月26日・27日

今年も、5月26日・27日に開催されます府中産業メッセ2012に出展いたします。只今、展示即売会にむけて 新作の手作り時計の製作中です。従来の手作り時計以外に 新作の今までにないデザインの時計も多数 出展します。会場では、館内ブース・即売テント村・飲食テント村などで、イベント等ありますので、ぜひ府中にお越しの際には、お立ち寄りください。お待ちしております。

 日時  5月26日(土曜日) 10時~17時

      5月27日(日曜日) 10時~16時

 場所  ウッドアリーナ (府中)  

2012-04-22 15:48:22

コメント(0)   |  トラックバック (0)

イメージキャラクターのステンド掛け時計

昨年末に ご注文頂いた時計のご紹介です。新潟県の不動産会社様から 10周年記念でリニューアルされるお店の イメージキャラクターの時計を作ってほしいと、ご注文頂きました。今まで ステンドで 動物の時計は作っていましたが、極力 そのままのキャラクターのイメージでお作りすると言う事で、苦労しました。メールで画像を頂き まず出来上がりの寸法を決めデザインを起して 製作に入りました。出来上がりをイメージしつつ、あまり時計の文字盤が強調されず、なおかつイメージキャラクターが引き立つように 時計の文字盤の位置など考えながら、一つ一つのパーツを(ステンド)作り、組み立てていきます。時計の強度を保つ為に、時計の裏面に真鍮の一枚物の板を ステンドの形にあうように作っています。時計が壁面に垂直に掛かるように 真鍮で フック(柱)等を作ります。写真は 最初にご注文頂いた時のキャラクターの画像と、出来上がりの時計の写真です。ご注文頂いた 不動産会社様も送られた先方様も喜んで頂いたみたいで 良かったです。オーダーでいろいろと時計が作れますので、何かありましたらご質問頂ければうれしいです。今は、消防署様から 退職記念で 置き時計・掛け時計をたくさんご注文頂いていますので、また ご紹介させて頂きます。

2012-02-06 15:23:19

コメント(0)   |  トラックバック (0)

ハートの時計

 先日、ご注文頂いた時計のご紹介です。シルバー(銀)のバングルタイプの時計を見て頂いて、皮バンドタイプのシルバーの時計で、お客様のお好きなハートを時計のケースの周りに付けてほしいとご注文を頂きオーダーで作りました。ガラスにうすいピンク色のメガネレンズを使用して、時計のケースの飾りにハートの取り巻きを付け、全体のイメージもハートになるように作りました。リューズの位置も11時にする事で、時計を正面からみると少し大きめなハートに隠れるように作っています。時計のバンドもその日の気分や服装に合わせて時計を出来るように、スペアのバンドも作り、ピンク色のバンドとキャメルブラウンのバンドに付け替えるとまた時計のイメージも変わり楽しいです。最初にご注文頂いた時、どうなる事かと思いましたが、お客様に見て頂いて、想像通りで大変気に入りましたと言って頂いたのが、何よりうれしかったです。また新作が出来ましたらアップしますので、見て下さいね。





 


2011-06-15 19:21:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

ねこの首輪

今年も、当店をよろしくお願い致します。遅くなりましたが、今年一回目の店長日記は時計ではなく、先日ご注文頂いた ネコの首輪です。アクセントとして、ねこの名前のスペルをとって 首輪の中央に A を付けています。もちろんすべて手作りで、時計を作る応用編です。時計の本体が A のロゴになっただけで、そのまま時計の本体を付ければ手作り時計といった感じです。前回、初めて首輪を作らせて頂いて大変喜んで頂き、無くなったので再度ご注文頂き、作ったネコの首輪です。 ネコちゃんに喜んでもらえるとうれしいんですが・・・オリジナルのネコちゃんの首輪はいかがですか?ワンちゃんのも作れると思いますが・・・! (4枚目の写真は前回作ったタイプの首輪です)

2011-02-14 09:58:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

シルバーの手巻きムーブ入り懐中時計

今日は、先日ご紹介させて頂いたシルバー(銀)の塊から作った懐中時計です。この時計は、5月にNHKさんのお好みワイドに出させて頂いて、その番組を見られたお客様がご来店頂きご注文して頂いた時計です。かなりご注文頂いてから日数が経ってしまいましたが、やっと完成しました。この時計は作る前から三つポイントがあり、一つ目は素材がシルバー(銀) 二つ目は懐中時計なので蓋付き 三つ目は機械を手巻き(メカニカル)に でした。素材のシルバー(銀)は塊を叩いて板状にして通常ケースの厚みが1ミリのところ2.5ミリの厚みのケースにしました。もちろん厚みが増した分、時計のケースを形成するのに大変苦労しました。まだまだ全体的に綺麗に仕上げようと思えば仕上げる事が出来ますが、あまり綺麗に仕上げると既製品の時計に見え、手作り感がなくなるので、あえてアンティーク調で使いこんだイメージに仕上げています。次に特徴的な時計の蓋は、試行錯誤しながら最終的にシンプルで壊れないようなこのようなデザインになりました。ガラスが蓋にあたって割れないようにケースの縁取りを少し高くしてガラスにあたらないようにしています。最後に時計の機械を手巻き(メカニカル)にですが、通常はクオーツ(デンチ)の機械(ムーブ)を使うのですが、この時計の機械は昔のセイコーチャンピオンの手巻き(21石)を使用しています。もちろん一度、オーバーホール(OH)をして調子の悪い部品は全て交換しているので、すごく調子がいいです。毎日、ゼンマイを掛けてやらないといけない時計ですが、今にない時計の味があると思います。時計の鎖もシルバーで、バンドに引っ掛ける金具はアクセントとして真鍮とシルバーのコンビにしました。もちろん全て手作りですので同じものは作れませんし、正直なところ二度と作りたくないぐらい試行錯誤しましたが、完成した時計をみた時はうれしかったです。時計の鎖を含めると130gとかなり重たいですが、ずっしりとした時計の重みもポケットの中で心地いいと思います。次回は時計の製作過程をご紹介させて頂きますので、また見て下さいね。

 

2010-12-19 10:33:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4